エイズの感染経路で同性間はなぜ多いのか?

エイズの感染経路で同性間はなぜ多いのか?

スポンサーリンク




ゲイやバイ同士のセックスは「妊娠のリスクがゼロ」という理由で、異性間のセックスに比べてコンドームを使用する率がどうしても低くなる傾向にあります。
その結果、クラミジアや淋病、梅毒、ヘルペスなど、HIV感染症(エイズ)以外の性病に感染しやすくなります。

 

 

 

異性間の場合は、性行為に発展するまでに時間がかかったりするのに対し、
男性同士の場合は出会ってすぐに性行為に発展することも多いらしく、よく知らない人と関係を持ってしまうことも多いとのこと。

 

また、不特定多数のパートナーがいる場合も非常に多いそうです。

 

 

 

同性愛者の男性はHIVに対する意識が高く、定期的に検査を受けたりしていますから、感染しても、早期発見・早期治療ができています。
この感染の段階でわかっているのが、“HIV感染者”です。

 

スポンサーリンク




 

要するに「ゲイは自発的に検査などにいき、発症前に発覚することも多いが、
異性愛の男性は発症するまで気づかないことが多い」ということです。

 

 

 

性教育の現場でコンドームという言葉を使うとクレームをいれてくる親御さんとかもいて現場ではたいへん苦労されているようですが、
コンドームを性感染症の予防のために使うということの教育の重要性が高まっています。

 

 

 

HIV検査を受ける人が減っていることからも推測されるように、HIVやエイズに対する社会全般の関心が低下しているため
HIV感染も他人事、自分のリスク管理として感染予防に注意している人が減っています。

 

⇒ 検査完了までのスピード・検査の信頼性ランキングはこちら
⇒ 今すぐ検査してもらいたい方はこちら
⇒ 検査が早いところはどこ?ナンバー1は?

 

 

エイズの感染経路【蚊を叩き潰したときの血液で感染する?】

針刺しのことを言われていますが、HIVの針刺しによる感染確率は他の肝炎などに比べてかなり低いです。注射針による感染の場合、針の先端以外は空気には触れていませんから菌が存在できるということです。蚊にさされて感染することはありません。HIVは蚊の体内の消化液により感染力をなくしてしまいます。仮に感染力が...

≫続きを読む

 

エイズ感染経路はお風呂?傷口から感染する?

HIVは、空気に触れただけで死滅し感染力が急激に失われるくらい弱いウィルスです。HIVキャリアの血液などが空気中に出て、すぐ傷口に大量にかかったとなれば少なからず感染の可能性は出るとは思いますが、湯船の中で生存出来るウィルスでは無いので文面の内容において感染の可能性は無いに等しいです。HIVウィルス...

≫続きを読む

 

エイズの感染経路【割合は男性同士が60%以上?!】

感染者の感染原因の割合で見てみると、男性同士の性行為による感染がもっとも高くおよそ60%、異性間の性行為では20%となっています。男性同性愛者は日本で68万人いるとされており、これを計算すると男性同性愛者同士のhiv感染率は2%程度だと推測されます。HIVウィルスは、感染力が弱いと言われている通り、...

≫続きを読む

 

エイズの感染経路で同性間はなぜ多いのか?

ゲイやバイ同士のセックスは「妊娠のリスクがゼロ」という理由で、異性間のセックスに比べてコンドームを使用する率がどうしても低くなる傾向にあります。その結果、クラミジアや淋病、梅毒、ヘルペスなど、HIV感染症(エイズ)以外の性病に感染しやすくなります。異性間の場合は、性行為に発展するまでに時間がかかった...

≫続きを読む

 

エイズの感染経路【血液を飲むとどうなる?】

出血している人の出血部位から直接飲む場合には、相手がHIV感染者で口の中に炎症や傷があると、そこからHIVが侵入し感染が成り立つ可能性はゼロではありません。感染経路は成り立つ可能性があるのですが、経路が成り立っても「感染力を保ったHIV」がその場にいなければ感染しません。そしてHIVは確実に不活化し...

≫続きを読む

 

エイズの感染経路を予防することは出来ない?

感染の可能性のある性行為の代表的な例をあげると、膣性交、アナルセックス、性器や肛門をなめる行為などです。感染症予防には、性行為をしない(NO SEX)か、する場合はより安全な性行為(SAFER SEX)を守って行動することです。射精をしなくても、射精前に分泌されるカウパー氏腺液(先走り液)にはHIV...

≫続きを読む