エイズの初期症状【発熱なし?ない場合病気じゃない?】

エイズの初期症状【発熱なし?ない場合病気じゃない?】

スポンサーリンク




HIVは発熱なしでも1%未満の感染率(100回の性行為で1回は感染する確率)しかありませんが、
HIV感染者の血中HIV量が多い場合は1回の性行為でも十分感染します。

 

 

 

エイズの怖いところは、エイズに感染したとしても、
エイズ感染時の初期症状がいずれも発症しない「無症状」の方がいることです。

 

そして、そのような方は一見健康そうに見えますが、
徐々に体の中でエイズウィルスがドンドン増殖して行き、徐々に体の免疫力や抵抗力がなくなって行くのです。

 

 

 

 

良く風俗や複数の女性たちとコンドームなしでセックスをした数日後に高熱を出して慌てたり、怯える男性も多くいます。

 

この症状を恐れるよりはHIVの感染者ではないと言いきれない女性たちとセックスをしてしまう習慣を恐れた方が本来は予防になるのです。

スポンサーリンク




 

 

単なる発熱ではなく長いのが特徴です。高熱になるかどうかは個人差があるようです。
発熱がない場合はかなり深刻な可能性があります。

 

HIV初期症状として検査で陽性だった人の96%がこの発熱を経験していることから、お医者さんの薬を飲んでも熱が下がらなかったら疑った方が良いでしょう。

 

咽頭クラミジアでは2〜10週間以上というのは稀です。

 

 

 

エイズに罹った時に症状に出やすいのは以下の項目になります。

 

  1. 発熱(80%の確率で発症)
  2. 喉の痛み(70%の確率で発症)
  3. リンパの腫れ(70%の確率で発症)
  4. 身体の痛み(30%の確率で発症)

 

これらの症状が性行為をした後に2〜8週間以内にこのような症状が出た場合は要注意となるそうです。

⇒ 検査完了までのスピード・検査の信頼性ランキングはこちら
⇒ 今すぐ検査してもらいたい方はこちら
⇒ 検査が早いところはどこ?ナンバー1は?

 

 

 

エイズの初期症状【発熱期間はどれぐらい?】

「2週間?8週間」の間に初期症状が多く発生すると言うデータが出ているように、エイズに感染するような行為をしてから、エイズの初期症状が出るまでかなり遅いのです。エイズの初期症状は発症してから約1〜2週間続き、この約1〜2週間は症状に対する薬を飲んでもあまり効果が出ないのが特徴です。HIV抗体が作られる...

≫続きを読む

 

エイズの初期症状【発熱は何度ぐらいまで上昇する?】

HIV感染やエイズは早期発見が大切です。感染を調べる手段はただひとつ、エイズ検査を受ける事です。性行為の相手はたった一人でも、たった一回でも、HIV感染の危険があります。エイズ検査を受ける事を強く推奨します。何よりも早期発見が重要です。HIVの初期症状は、出る人と出ない人がいます出る人で、危険行為か...

≫続きを読む

 

エイズの初期症状【発熱なし?ない場合病気じゃない?】

HIVは発熱なしでも1%未満の感染率(100回の性行為で1回は感染する確率)しかありませんが、HIV感染者の血中HIV量が多い場合は1回の性行為でも十分感染します。エイズの怖いところは、エイズに感染したとしても、エイズ感染時の初期症状がいずれも発症しない「無症状」の方がいることです。そして、そのよう...

≫続きを読む