エイズの初期症状【発熱は何度ぐらいまで上昇する?】

エイズの初期症状【発熱は何度ぐらいまで上昇する?】

スポンサーリンク




HIV感染やエイズは早期発見が大切です。感染を調べる手段はただひとつ、エイズ検査を受ける事です。
性行為の相手はたった一人でも、たった一回でも、HIV感染の危険があります。
エイズ検査を受ける事を強く推奨します。
何よりも早期発見が重要です。

 

 

 

 

HIVの初期症状は、出る人と出ない人がいます
出る人で、危険行為から2〜4週間後に38.5℃以上の高熱とリンパの腫れといったインフルエンザに似た症状の出現率が高いです。

 

スポンサーリンク




 

 

もしもあなたにHIV感染の不安があって、危険行為の後2週間から6週間くらいの間に
頭痛、発熱、発疹など、先ほどご紹介した症状が出たらまずは念のためにHIV検査を受けてみて下さい。

 

不安があれば症状がなくても検査がお勧めです。

 

 

 

HIV感染は症状からは分かりません。HIV感染特有の症状なんてないからです。
帯状疱疹も発熱も下痢も、HIVに感染しなくても普通に体調不良になれば発症します。

 

 

 

長引く場合は病気の進行が早いとされます。数年の潜伏期間を経過してインフルエンザに似た症状がぶり返してきます。
体調不良の症状は何度となく繰り返し出現して重症化していきます。放置すればエイズを発症します。

 

 

 

 

高熱であればあるほど長く続けば続くほど、入ったウィルスが強いという事になるわけです。
そしてエイズに感染した時の初期症状の熱というのは個人差があるかもしれませんが、1週間〜2週間ほど続いてしまうのです。

⇒ 検査完了までのスピード・検査の信頼性ランキングはこちら
⇒ 今すぐ検査してもらいたい方はこちら
⇒ 検査が早いところはどこ?ナンバー1は?

 

 

 

エイズの初期症状【発熱期間はどれぐらい?】

「2週間?8週間」の間に初期症状が多く発生すると言うデータが出ているように、エイズに感染するような行為をしてから、エイズの初期症状が出るまでかなり遅いのです。エイズの初期症状は発症してから約1〜2週間続き、この約1〜2週間は症状に対する薬を飲んでもあまり効果が出ないのが特徴です。HIV抗体が作られる...

≫続きを読む

 

エイズの初期症状【発熱は何度ぐらいまで上昇する?】

HIV感染やエイズは早期発見が大切です。感染を調べる手段はただひとつ、エイズ検査を受ける事です。性行為の相手はたった一人でも、たった一回でも、HIV感染の危険があります。エイズ検査を受ける事を強く推奨します。何よりも早期発見が重要です。HIVの初期症状は、出る人と出ない人がいます出る人で、危険行為か...

≫続きを読む

 

エイズの初期症状【発熱なし?ない場合病気じゃない?】

HIVは発熱なしでも1%未満の感染率(100回の性行為で1回は感染する確率)しかありませんが、HIV感染者の血中HIV量が多い場合は1回の性行為でも十分感染します。エイズの怖いところは、エイズに感染したとしても、エイズ感染時の初期症状がいずれも発症しない「無症状」の方がいることです。そして、そのよう...

≫続きを読む