エイズの初期症状【発熱期間はどれぐらい?】

エイズの初期症状【発熱期間はどれぐらい?】

スポンサーリンク




「2週間?8週間」の間に初期症状が多く発生すると言うデータが出ているように、
エイズに感染するような行為をしてから、エイズの初期症状が出るまでかなり遅いのです。

 

エイズの初期症状は発症してから約1〜2週間続き、この約1〜2週間は症状に対する薬を飲んでもあまり効果が出ないのが特徴です。

 

 

 

 

 

HIV抗体が作られるときに、発熱や、発疹などの初期症状が出ると思われます。

 

風邪を引いたときに熱が出たり鼻水が出たりするのは、風邪のウイルスと人間の抗体が戦っている証拠です

 

スポンサーリンク




 

 

感染初期にはHIVのウイルスが急激に増加します。
その後、ウイルスの量は一旦減り、無症状期と呼ばれる状態に入ります。この期間は個人差もありますが、数年〜10年程度あります。
ただ、この期間にもウイルスは増加しており、相手にも感染させる可能性があります。

 

 

 

発熱しているのは体内でHIVウイルスが爆発的に増殖しているからです。
その為、体内の免疫が抵抗して、発熱の症状を起こすわけです。

 

一応、期間としてだいたい2週間程度続きます。
そしてここから数年間は無症状の状態が続く事になります。

 

 

 

 

HIVの潜伏期間には2種類あります。
初期症状までの潜伏期間と、エイズ発症までの潜伏期間です。

 

エイズ発症までの潜伏期間についてですが、短くなっているのではないかと考えられています。
HIVに感染すると通常は5〜10数年を経てエイズを発症します。

 

 

 

 

HIVの初期症状は危険行為があった日から6週〜8週の間にインフルエンザの様な症状が出ます人により様々ですが40度の熱が出る人もいます。

⇒ 検査完了までのスピード・検査の信頼性ランキングはこちら
⇒ 今すぐ検査してもらいたい方はこちら
⇒ 検査が早いところはどこ?ナンバー1は?

 

 

エイズの初期症状【発熱期間はどれぐらい?】

「2週間?8週間」の間に初期症状が多く発生すると言うデータが出ているように、エイズに感染するような行為をしてから、エイズの初期症状が出るまでかなり遅いのです。エイズの初期症状は発症してから約1〜2週間続き、この約1〜2週間は症状に対する薬を飲んでもあまり効果が出ないのが特徴です。HIV抗体が作られる...

≫続きを読む

 

エイズの初期症状【発熱は何度ぐらいまで上昇する?】

HIV感染やエイズは早期発見が大切です。感染を調べる手段はただひとつ、エイズ検査を受ける事です。性行為の相手はたった一人でも、たった一回でも、HIV感染の危険があります。エイズ検査を受ける事を強く推奨します。何よりも早期発見が重要です。HIVの初期症状は、出る人と出ない人がいます出る人で、危険行為か...

≫続きを読む

 

エイズの初期症状【発熱なし?ない場合病気じゃない?】

HIVは発熱なしでも1%未満の感染率(100回の性行為で1回は感染する確率)しかありませんが、HIV感染者の血中HIV量が多い場合は1回の性行為でも十分感染します。エイズの怖いところは、エイズに感染したとしても、エイズ感染時の初期症状がいずれも発症しない「無症状」の方がいることです。そして、そのよう...

≫続きを読む